資金管理どうしています

株式一般

株でよくやるのは

今儲かってそうだから、持っている資金を全部投入するという話は

よく聞きますよね。

確かに一句千金を狙うのであれば自分の資金を全力投入しても

痛い目にあうのは

自分だけですから諦めもつくのでしょうが、世帯主だとそうは行きません

虎の子のお宝を、一瞬の取引ですべてが水泡に帰すというのはあまりリにも

残念過ぎます。

以前の私でしたら、友人の株は今上がっているから儲かるよ

といわれて参入した当時を思い出します。

株は、宝くじではないので一攫千金というのは該当しませんね

つまり

株で稼いでいる方は日々地道なトレードをして地道に1%~3%くらいの利益を

狙って活動しているのです。

つまり、一攫千金ではなくて日々の地道の活動の上に利益が積みあがってゆく

仕組みを作っているのです。

今勉強している株の学校は、資金管理をとても細かく教えています

 

つまり、一度の資金管理を間違えると、一発退場で株の取り引きの世界から

摘まみだされるという事を十分知っているからです。

 

それで資金管理はどうするかというと

自己資金の2%以内に損失を抑えるという事です。

つまり100万円の資金であれば、

その2%の2万円に抑えるように株取引をするということです。

その株も100万円を一回の取引にすべてを投入するという事ではなくて

株の取引は100万であれば30万くらいに抑えて常にポジションをとる

ということです。

30万の取引であれば、損失は2万円までに抑えるのでその日の株かもあると

思いますが、計算機で計算してLC(ロスカット)の値を決めておくのです。

 

そうすると、日中株価を確認できないサラリーマンでも、株価を気にせずに

暴落してもLCにかかるので、最低限度の損失で抑えることができるのです。

 

私も以前は、仕事中も携帯電話で株価を気にしながらやっていたので仕事に

身が入らずにやっていたことがあります。

 

でもLCを適切にせってしてゆくことで目の前の不安が少しでもしくなくなるので

安心して仕事と株取引きに集中できると思います。

 

4月14日の午前10時ころの

ディスクトップモニターです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました