" /> トレーディングに必要なこと | マーケットの杜

トレーディングに必要なこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トレードにおける銘柄選び

トレードにおける銘柄選びのポイント

 

今までは、業績、成長性、地域。国、景気などを物差しとして銘柄を選んでいましたが、実はこれは長期投資における銘柄選びなのです。

この選び方ではトレードには全く関係の無い事柄なのです

 

投資とトレードの銘柄選びの違いでは

 

投資で狙う利益は

利益で  :年間+5%~10%

期間で   数年~数十年

トレードにおける銘柄選びは

トレードで狙える利益

利益で   年間+60%~+120%程度

期間    数分から2~3週間程度

 

投資は数ヶ月から数年若しくは数十年との期間を奥ので利益の格差が大きい

トレードで稼ぐための銘柄

・何時でも買える売れる銘柄 (流動性が有るということ)

・株価が、“短期的”に上昇するか、又は下落する銘柄 (15%程度の上昇下降がある)

・株価の方向性がはっきりしている銘柄  (今上昇傾向か下落傾向か)

トレードで重要な事柄は

流動性、値幅、方向性

がはっきりしている事が条件となります。

 

流動瀬がなぜ必要か

何時でも売り買いが出来ることは必要になる

流動性(りゅうどうせい)は、一般にモノが流れ動く容易さを表す概念。ここでいうモノとは、物質に限らず観念的なものも含む。となっており証券市場では何時でも売れて何時でも買うことが出来ることが流動性となる。

株式の場合の流動性は

投資対象を検証する際、対象となる株式や証券などの終映性や、安全性の外にも、流動性が必要でこれらを考慮しなければならない。取引所乗馬されている銘柄で出来高がこの流動性の目安となるのです。

通常流動性を確保できるのは日本では東京証券取引所の東証一部銘柄がこれに該当する。

この中でも流動性が低い銘柄も有るので、銘柄選びでは一日の売買金額が10億円程度有る銘柄が候補となる。

 

初心者は私も含めて、短期で急上昇する銘柄が無いかとよくIPO銘柄に目が行くことがありますが、IPO銘柄は、取引が頻繁なときはいいですが、閑散的取引になると、取引量が極端に少なくなるので流動性が有る銘柄とはならないので注意が必要です。

 

値幅は  ボラティリティー と言われています。

値動きが少ないときに取引しても利益が生まれません。つまり値幅がある銘柄で無いと短期取引しても利益が生まれないので、値幅がある銘柄を選びます。値幅は、15%以上有る銘柄がトレードに敵した銘柄になります

 

方向性は 値幅がある銘柄でも、方向性が定まって居ない銘柄を選ぶと、トレードに参加してもなかなかトレードに苦労することになります。

 

大体の方向性を掴むのは日経平均株価をその土台として方向性を確認してから各個別の銘柄の方向性を確認してください。

つまり、トレードで稼ぐための銘柄選びのポイントは

高い流動性、大きな値幅を持っている。はっきりとしている方向性を持っている銘柄です

流動性は売買金額が流動性を表しています。

 

値幅と方向性の例示チャートです。

 

 

エントリーするときの考え方

 

間違い1 底値で買って天井で売る 

大底で買って、天井で売れる確率は 1500万分の1であり、ジャンボ宝くじの当選の確率よりも確率が低くいのです。

大底で買って、天井から8%以内で売れる確率 50万分の1なので、この確率を狙うのは現実的ではない。

 

間違い2 プロのトレーダーは

2割の確率~3割の確率程度で上昇の値動きのある株を売買してる

 

全てのトレードで大きく利益を上げる?

毎回毎回のトレードで確実に利益を上げられる人ははいません

また、100%の確率で株価を予想できる人間もいません。

 

トレードは、失策の繰り返しと言われている

利益と損失のトレードを繰り返してトータルで

利益の合計  >   損失の合計

で利益の積み上げを行うのである

 

プロが株を買うときの考え方2

1回1回の全てのトレードで勝つことは常識でも不可能ですから、最終的なトータルで利益を出すという考え方がプロとなります。

つまり

利益と損失のトレード繰り返す

  勝率3割 負けが7割

  勝つときは大きく、負けるときは小さく

  利益の合計 >  損失の合計

  トータルで利益を得る

つまり、勝率で争うものではないので、最後の利益の合計を積み上げることを狙うので勝率は関係ないのです。

利益確定 ターゲットプライス (目標価格)とは

「ターゲットプライス」とは投資信託でよく使われる言葉ですが、株価チャート上でも、何時利益を確定するかの時期を探るときに、何時上昇のピークが来るのかをある程度予想しているケースがターゲットプライスと呼ばれている

これはあらかじめ決めた基準価格に達した時に利益を確定して株取引を安定運用にする動きによる者でターゲットプライスと呼ばれており、売り時を逃さず、着実に利益を確定したい投資家のニーズをとらえており、チャートをよく分析するとその傾向がよくわかる。

 

一直線に上昇することはない        !

上昇リズムでとらえてても株価は一気に上昇することはない

三角持ち合いのチャートの利益確定でも ターゲットプライス等を活用して利益をかくてするが、初心者は一番そこから一番高値を示したときに売ろうとするので、利益かくて時期を逃すことが多くある。

つまり、プロは途中の利益しか狙わないと言うことであります

 

つまり ターゲットプライスは

事前に 「この辺まで揚がるかな?」と判断してその価格に到達したら一部又は全部を利益確定してしまう方法で、日本語では

 

ターゲットプライスは大体の目安で

安値から一旦上昇した値や値幅を根拠に、直近の最安値から次に上昇する際の値幅が全秋の上昇下値幅とほぼ同じ位になる事を使った利益確定法である

日本語では、倍か法ともよばれており、心理的節目を上昇限度の一つのポイントとして捉えている。

トレーディングは人が介在するので心理的葛藤や思惑が働くので一旦上昇したら次の上昇時に前回の値幅を参考値にする傾向が強くはたらくのです。

Ⅰ段目の上昇の額と同率の上昇する事が多いので、2調整中の安値から計測する

但し、ターゲットプライスが働くのは全体の30%程度なので実際はそれよりも大きく動いたり小さく動くことの方が多くあると言うことを確認しておく必要があります。

参考値はこのような形のチャートになります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました